タイムスケジュール
8:30
出勤
8:40
各メール送信・返信
9:00
お客様の所へ営業活動
12:15
昼食
13:00
社内打ち合わせ
14:30
お客様の所へ営業活動
16:30
各メール送信・返信
17:10
退社

Q. 入社を決めたポイントは?

私は前職で資材調達の仕事をしており、その経験を活かせるような会社を探していました。
その中で当社に出会い、自分の背丈を超えるクレーンのモノづくりに惹かれ、自分もその一端を担えるならば面白いなと感じたのがきっかけです。
私は“クレーン”のことを全く知りませんでしたが、当社が幾多のお客様のもとで、何十年と数多くの重要な設備を担っていることを知り、次第に自分もそれに携わりたいという気持ちになり入社を決めました。

Q. 仕事内容、担当業務を教えてください。

私が所属するクレーン営業部は新規クレーン製造のほかに、自社製に限らず既存クレーンの点検や改造業務も行っており、私はそのどちらも担当しています。
新規クレーンは、お客様のご計画から打合せが始まり、受注まで数か月、製造据付まで数年になることもあります。
改造業務は、点検結果などを踏まえてこちらからご提案する事も多く、私自身もクレーンに上ってその場でお客様と打合せをすることがあります。どちらにしろ、当社の力をお客様の力に変えていくことが営業部の業務です。

Q. 仕事の面白さ、やりがいを教えてください。

“クレーン”と一言で申しましても様々な種類があります。特に当社はクラブ式の天井クレーン・橋形クレーンを得意とした、いわゆる “オーダーメイド式”のクレーンメーカであり、その中での創意工夫が面白みの一つです。
お客様から「こんな風にしたいのだけど」と難しいご要望を頂くこともありますが、社内の設計部・製造部・工事部、またはサプライヤーと相談しながら仕事を進め、お客様から「ありがとう」とのお言葉をいただいた時の達成感は“やりがい”そのものです。

Q. これまでに苦労したことはなんですか?

お客様からは“老舗クレーンメーカの営業マン”として期待して頂き、クレーンの専門的な質問を受けることは多々あります。
質問に即答できない場合は、持ち帰って調べたり、関係各部署に相談したりしますが、お客様へ的確な回答をしなければならないという責任を感じます。
ただ、そのおかげで自分の理解が進むことも多く、苦労というより試練という表現になるかもしれません。

Q. 豊国昭和起重機製作所の好きなところ、魅力を教えてください。

当社は2023年には創業90年を迎えます。クレーンは一度設置すれば何十年と稼働します。自分が生まれる前から存在するクレーンに上ったり、そのような図面を紐解いたりすると、当時の設計者や製造者とともに仕事をしているような不思議な感覚にもなります。
逆に、新規クレーンの設置をお客様の現場で立ち会った際には、このクレーンがこの先何十年と、お客様、延いては社会に貢献できることを感じ、嬉しいような誇らしい気持ちになります。

Q. OFFは何をして過ごしていますか?

気候がいい時はキャンプなど外遊びをしています。子供を遊ばしているのか、子供に遊んでもらっているのかはわかりません。
先日も時間いっぱいアスレチックをする子供たちについていくだけでも必死で、帰ったらすぐ寝ていました。また、ボードゲームも好きでついつい買ってしまいます。
運要素の高いゲームより、ブロックス・カタン・クワルトなど戦略性の高いゲームが楽しいです。ウボンゴやディクシットなど一風変わったゲームもおすすめ!

Q. 就活生へメッセージをお願いします。

世の中は目まぐるしく変わり、その時々の社会への期待や不安は皆さんにしか感じえないものと想像します。ただ、きっかけは何だっていいでしょうし、ほんの一歩進むだけで思わぬ展開が待っていたりします。また、私は転職してきた身ですが、他社を経験しているからこそ感じることやできることもあるとも思っています。
あまり大層なことは言えないですけども、皆様へ何かしらの後押しになれれば幸いです。
また、当社が少しでも皆様の目にとまることがございましたら、ご連絡頂ければと思います。

その他のインタビュー