●入替工事

 


年数経過に伴い、部品故障による使用停止区画増加。
また、修繕費用が多くかかることが見込まれる。
収容車寸法が小さい。
契約率のダウン。
 

6列から5列に減らすことにより、幅が1950mmの車が駐車可能に。
地下の高さが1550mmから2000mmの車が駐車可能に。
安全のため各列にゲートを設置。
収容車寸法が大きくなることにより、契約率がアップ。
また、機械式駐車装置の台数を減らすことにより、保守費用の削減につながる。上記により、管理組合の収支の改善につながる。
※地下の収容車の高さは、ピットの深さに影響を受けます。