橋形クレーン

橋形クレーンは屋外で用いられる事の多いクレーンであり、天井クレーンと同様に数トンから数百トンの重量物を吊り上げ運ぶ事ができます。その形から門形クレーンとも呼ばれます。
レールが地面に敷設されていることが多く、天井クレーンと違い、脚(キャク)があります。
脚の太さが左右で異なる場合、細い方の脚を揺脚、太い方の脚を剛脚と呼びます。
剛脚は動作時の振動や風といった力を受け止め、振脚は力を受け流す構造となっています。

中部電力㈱新名古屋火力発電所納入20t×18m 九州電力㈱玄海原子力発電所納入 70/20/5t×18m